top of page

インプレストには企画制作部と映像部の2部門あります。

今回は企画制作部についてご紹介します。

この部署はイベントプランナーの精鋭チームとなります。

イベントプランナーの業務は多岐に渡ります。

展示会・セミナー・音楽ライブなど、その種類や案件によってイベントプランナーが担う業務は大きく異なり、

イベントに関する情報収集、実施に向け資料作成、催事会場の美術効果を含めた会場作りなどが主な仕事です。

これらをクライアントと相談しながら、大勢のスタッフと一緒にイベントを作り上げていきます。

下記では、イベントプランナーの仕事内容を紹介します。

イベントプランナーの業務内容

|イベントの企画・立案

日本全国で大小さまざまなイベントが開催されています。

たとえば、

・地域で行われるお祭りやフリーマーケット
・婚活、お見合いパーティー
・モーターショー

・宝飾展などの見本市
・オリンピックやワールドカップ

などもイベントの一種です。

一般的にイベントの規模が大きくなるほど関わるイベントプランナーの数は多くなります。

分業して仕事を進めることが多くなり、みんなで一丸となって目標に向かっていく達成感を味わえる職業です。

イベントプランナーの役割

|イベントの目的を達成する

イベントプランナーは、クライアントから依頼を受け企画を考えていきます。

どのようなイベントにも目的があり、

・新商品の発売をPRする
・ブランドのイメージ向上を図る

といったものや、多くの人々に夢や感動を与えるエンターテインメントの一貫としてのイベントもあります。

イベントのターゲットが「若者向け」「ファミリー向け」など、ハッキリとしている場合には、その人たちに集まってもらえるイベントを企画しなければなりません。

イベントプランナーは、

・世の中のニーズを掴む力
・独創的なアイデアを生み出せる感性やセンス
マーケティングやPRに関する知識

など、目的達成のために多様なスキルが求められる職業です。

|大勢のスタッフと協力して働く

イベントプランナーの仕事の特徴として、自分一人だけでは完結しないという点が挙げられます。

どのようなイベントも、1人のプランナーだけで運営できるものではなく、

・音響
・照明
・映像
・美術
・会場

など、各分野のプロフェッショナルが集結して、ひとつのイベントを作り上げていくのです。

国内外から大勢の人が集まるような大規模なイベントであれば、そこに関わるスタッフの数も非常に多くなります。

またイベントプランナーは、イベントプロデューサーの役割を兼任することもよくあります。

ただ企画を立ち上げるのみならず、

・予算の管理やスタッフの人選
・スケジュール調整
・関係各所への連絡
・ゲストの手配

など、さまざまな人と協力しながらイベントの成功のため奔走します。

bottom of page