top of page

インプレストには企画制作部と映像部の2部門あります。

今回は映像部についてご紹介します。

この部署はカメラマンなどの技術チーム予算から現場までを管理する制作チームがあります。

インプレストの映像業務は多岐に渡ります。

制作を例に挙げると種類は多種多様で、次のようなものがあります。​

  • テレビCM

  • MV(ミュージックビデオ)

  • PV(プロモーションビデオ)

  • PR動画

  • イベント・展示系映像
     

種類によっては、企画から制作までワンストップで行っております。

制作系のポジション

制作系は映像の企画・制作に関わるポジションで、専門的なスキルは必要ありませんが、発想力や時代・世間のニーズを読み取る力が求められる仕事となります。

そんな制作系の職種にはどのようなものがあるのか、解説していきます。

プロデューサー

制作スタッフのトップに立つのがプロデューサー。

映像制作のプロジェクトを取りまとめ、推進していく役割を担っています。

仕事内容としては、企画立案、予算やスケジュールの管理、スポンサー手配、スタッフ選定、出演者との交渉、代理店やクライアントの折衝業務などです。

最初はアシスタントプロデューサーとしてプロデューサーのサポート業務で経験を積み、映像制作の知識やスキルがしっかり身についてからプロデューサーにステップアップします。

ディレクター

ディレクターは映像の内容について取り仕切る役割を担っています。

映像制作の現場で出演者やカメラマンなどに指示を出し、プロデューサーの意向に沿った演出をしていくのが仕事です。

プロジェクトによってはプロデューサーがディレクターを兼任する場合もあります。

ディレクターになるにはまずアシスタントディレクター(AD)としてリサーチやスケジュール調整、ケータリング手配、視聴率調査、雑用など幅広い業務を担当することからスタートします。

ADとして基礎を学んだらチーフADとなり、撮影・編集の仕事を学び、ディレクターへとステップアップしていくのが一般的です。

撮影隊

技術系のポジション

実際に映像制作の現場で映像を作り上げるのが技術系のポジション。

プロデューサーやディレクターの企画・演出のアイデアを形にしていく仕事を担っています。

そんな技術系のポジションで働く弊社スタッフの職種について、詳しく解説していきます。

|カメラマン

映像を撮影するのがカメラマン。スタジオやロケの現場にて、ディレクターの指示に従って撮影を行っていきます。

撮影技術はもちろん、シーンに応じた見せ方で映像を撮影していくことが求められる仕事です。

カメラマンになるには、アシスタントとして機材の準備などカメラマンのサポート業務からスタートし、経験を積んでステップアップしていきます。

|MAミキサー

ミキサーは映像が編集されたら、その映像に効果音やナレーション、SEなどをつける作業を行います。

映像に音声をつけて仕上げを行うというイメージです。

最初はアシスタントからスタートし、補佐業務を経て経験を積んでいきます。

 

|編集オペレーター

編集オペレーターは、撮影が終わった映像を映像編集ソフトを使って編集していく仕事です。

決まった尺に収まるよう、ストーリー立てて映像を編集していきます。

映像編集ソフトなどを使いこなすスキルや映像を編集するセンスなどが求められます。

|スイッチャー

スイッチャーは複数のカメラが撮影しているテレビ番組などで、映像をスイッチングする(切り替える)仕事です。

番組放送中に機材トラブルがあった際にも対応を行います。

映像制作の仕事に向いている人は?

「映像制作の仕事に興味があるけど、自分は向いているのかな?」と不安に思っている人もいるでしょう。

そこでどんな人が映像制作の仕事に向いているのか、ご紹介していきます。

|発想力がある人

企画は自分でゼロから考えなくてはならないので、アイデア勝負。

物事を柔軟に考え、斬新で面白いアイデアを思いつくことのできる人は映像制作の仕事に向いています。

|好奇心が旺盛な人

新しい情報をキャッチするアンテナを持ち、さまざまな物事に興味を持って接することができる人は、映像制作の仕事に適性があると言えるでしょう。

|作品を客観的に見ることができる人

クライアントの目的を達成・課題を解決することと、多くの人に映像作品を見てもらうことが重要なため、独りよがりな仕事はできません。

自分のアイデアを活かすことはできますが、必ずしも自分が作りたいものを自由に作れるというわけではないのです。

そのため映像制作において客観的な視点は大切。

偏った見方をせず、第三者の視点で客観的に作品を見ることができる人は向いています。

|コミュニケーション能力に自信がある人

映像制作は多くの場合、複数人のチームで作り上げていくことになります。

そのため自分のアイデアやイメージをわかりやすく伝えたり、相手の意図を的確に汲み取ったりするコミュニケーション能力が求められます。

また作業を円滑に進めるためには人間関係も大事。

お互い誤解のないよう気持ちよく仕事をするためにも、コミュニケーションをしっかりとることが必要です。

|向上心がある人

映像制作に使用する機器や映像の表現方法・表現技術などは常に変化していくものですから、常に最新のものについていけるよう向上心を持って学び続ける必要があります。

そのため現状に満足せず、どんどん技術や知識を吸収してスキルアップを目指せる人は向いています。

|チャレンジ精神がある人

映像制作の仕事には、新しいことに挑戦していくチャレンジ精神旺盛な人も向いています。

リスクを恐れず、どんどん新しいことにチャレンジしていく中で斬新なアイデアや表現方法などが生まれていくものなのです。

bottom of page