top of page
  • shin

コロナ禍のイベント実施対策サポート

更新日:2020年12月4日

咳エチケット、マスク(フェイスシールド)着用、手指消毒の徹底、密回避の誘導等

感染症防止を念頭に置いたイベント実施をサポートいたします。


|イベント実施前

密集・密接を避けた会場選定・レイアウトの提案

密接を避けた客席レイアウトをご提案いたします。


受付の簡略化

人との接触を出来るだけ避けるため、QRコードを利用した受付システム導入をご提案致します。


感染リスクを低減する備品の配置

手指消毒用のアルコールや非接触型検温器やサーモグラフィー、フェイスシールド、受付アクリル板等の配置を行います。


緊急対応

所轄の保健所やイベント会場との連絡体制を整え備えます。


マイクの使いまわし制限

マイクの共有利用をしない使用方法をご提案いたします。


クローク札等の共有物利用制限

クローク札や首掛けPASS、記入用の文具類の流用はせず使い捨てにする等の対応にします。



|イベント当日

① 必要最低限の人数で運営

感染リスクを避けるため、最低限の人数でイベント運営を行えるよう工夫いたします。


② 体調管理、リスク回避の徹底

出勤時に検温を行い、37.5度以上だった場合は迅速に別スタッフの手配を行います。


③ 感染リスク低減に努める ~その1~

スタッフはマスク(フェシスシールド)着用を義務化し、小まめに手指消毒を行います。 また、密にならないよう声掛け誘導を行います。


感染リスク低減に努める ~その2~

良く触れられる場所は小まめに消毒を行います。 また、サンプリングなど直接手渡しを行う場合は手袋の着用を行い実施します。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page